クローズアップ現代プラスのアラフォー・クライシス

Pocket

私もアラフォーですが、アラフォー・クライシスという番組がありました。一生貧困を宿命づけられている不遇の世代とも。

この言葉が話題となったのは、昨年12月14日にNHK「クローズアップ現代プラス」が放送されてからのことだ。同番組で、現在のアラフォー世代は「一生貧困を宿命づけられている不遇の世代」と表現されていた。

番組では、5年前との給与を比較したデータを紹介。他の世代は額の大小はあれいずれも増額しているのに、35歳~39歳、40歳~44歳のアラフォー世代だけがマイナスになっている。40代前半に至っては、2万3300円もの減額だった。

給与が上がらないのには複数原因があるが、大量採用されたバブル期世代が上につかえ、昇格・昇進のスピードが遅いこと、アラフォー世代が20代の頃、企業が能力開発にかける費用を減らしたために、今、充分なスキルが身に付いていないことなど、どれも社会のせいとしか言いようがないものばかりだ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォー・クライシス

 

 

あの当時は新卒なのに即戦力とか意味不明なことがおきていたので、、、番組の内容はこの年代だけ、収入が他の年代より少ないと。そりゃそうだろうなあ。。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ別に会社の給料だけで生活しなければいけないというルールなんて、無視すればいいし、大企業も副業解禁し始めたので自分の力でなんとかすればいいんじゃないかと思います。

6大学レベル出ても、小売や外食しか採用されない人が続出していた時期でもあったように思います。

小売や外食が悪いというわけではなく、他の業界に採用されない、採用人数が、、みたいな状態だったというわけです。

私の時は資格試験組(司法試験、税理士、司法書士など)と公務員試験組が多かったです。

と言っても学生時代の友人少ないですが(笑)で民間企業就職希望者というのはあまりいなかったような。。あ、あと跡継ぎ予定なのもちらほらいましたね。

知り合いで仕送りが月40万円で、それ働かなくて良くなくね?みたいなのが、起業ごっこしていましたが、、

学生起業で取締役という肩書は与えられていましたが、部屋提供など利用されて三年間収入なしで、いつの間にか取締役も解任されていたという。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です