教育業界の現状、未経験での転職、面接などを受けて感じたこと

Pocket

封筒一枚が届く。その中身は、、、、、

一時期教育業界に転職を考えていた時期があって、10社くらい応募した記憶があります。その中である一社から封筒が届いていました。

まあいわゆるお祈り手紙だろうと中身をあけると、履歴書・職務経歴書の他に一枚入っている。その中身をみて、呆れてしまった。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

A4用紙に三文字が真ん中に書かれている、ただそれだけ。

『不合格』

と。えっこの会社大丈夫かな?と正直思いました。社会人が出す内容か?と。

 

 

面接2社目

 

次に受けた会社は面接までは普通でしたが、業界の話でこういう話があると調べたデータなどを見せたら、面接途中になぜか、面接官が切れて、そんなわけ無いだろ。こっちは必死でやっているんだと。

面接途中で、切れた面接官をはじめて見ましたね。まあそんな会社をあるさ、みたいなことを思って、次々と面接に挑む。

 

面接3社目

とある一社は面接に来た旨を話すと担当がいないと、一応アンケートみたいなのを代理から渡される。

スポンサードリンク

30分で終わって電話すると、担当が帰ってきましたので少々お待ちくださいと言われる。で30分も待って、まだ来ないので連絡したら担当が忘れていたのか急いでくると。この時点でやる気がないなあと思い。面接担当から、この時期は採用枠がないので、、みたいな。。。で。

いやいや人員足りているなら、面接呼ぶなよと。ちなみにこれ業界大手と呼ばれる会社です。。

 

面接4社目

 

で次はとある会社は、4次選考まである大手予備校ですが、、、三次選考まで一気に初日でやっでくれるのはいいのですが、、、、、

後日三次選考結果とくるメールが、最終選考結果というメールが来てました。。。なので、最終選考受けていないけど?と連絡したら『間違いました』と。。後日、三次選考不合格というメールが届きました、、、

 

面接5社目(河合塾)

唯一、まともに面接になったのは河合塾のみ。落ちましたが、河合塾さんは普通の民間企業のような感じで良かったです。

他にも受けましたが、言葉は悪いですが、教育業界=う~んという印象が強く残っています。少し前なので、よくなっていることを祈っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です