寿司職人学校からみる、漁師など職人養成学校について

Pocket

秋葉原の女性寿司職人が、絶対に白衣を着ない理由
寿司店で店長をつとめる女性寿司職人。オープン当初は冷やかしに来る男性寿司職人が多かった。

千津井さんはなでしこ寿司が開店する前の2か月間は、なでしこ寿司を経営する会社から雇われたベテラン寿司職人の元で握り方を学んだ。
オープンしてからは、女性が寿司を握ることの物珍しさで来店する人が多かった。その中には冷やかしのためにきた男性のベテラン寿司職人も多かった。

「お店に入ってきて、私の身なりを見て(白衣ではないので)、
『本格派ではないな』と言われたり、カウンター越しに覗いてきて文句を言われたりしましたよ。

でも、最初はなにもわからなかったので、そのまま受け取っていました。言われるのが当然だと覚悟をしていました」

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープン当初に来た職人は、冷やかしのためがほとんどだったという。
8年経った今でも、そのような目的で来る人が半数くらいだそうだ。

「寿司以外の他のメニューだけを頼んだり、上のネタだけを食べてシャリを残したりする人が多いです。例えばウニですが、上のウニだけを食べて『◯◯産のウニだね』と言って。外れてるんですけど(笑)」

なでしこ寿司で女性が握っていると、「まーいいよ、いいよ!おままごとだから!よくできてる!」と言われ、褒められる時でも、「女の子にしては!」と言われるのが今でも日常だそうだ。

それに耐えられなくなり、辞めていくスタッフが多い。慣れない頃はそのような発言を受け止めていた千津井さんでも、 今は反抗をしている。

「彼らは絶対、女性の寿司職人を認めないですよね。普段白衣で厳しい修行をしているから急にパッと出て握る人なんて、ありえないのだと思います。でも、そのまま受け止めるのは自分に対する諦めだと思うので、私は言い返します。
『それ、久兵衛でもやりますか』って。もういいです、嫌われても」

千津井さんが築地へ仕入れに行く時も、「邪魔」と言われることがよくあるそうだ。

千津井さんが普段身につけているのは、伝統的な「白衣」ではなく、カラフルな和装であり、大きい花の髪飾りをつけている。目元にはキラキラしたアイシャドウが輝く。

他の店にいるわずかな女性寿司職人は白衣を着て、ノーメイクが基本で、頭を坊主にする人もいるという。つまり、男性と同じだ。その女性の寿司職人は、千津井さんの身なりを見た時、「うちは本格派ですから」と言い放った。

「正直に言うと、握りは私のほうが勝っていると自信を持って言えます。でも、そう言われた時はすごくショックを受けてしまいました。
女性が女性をそういう風に思うのは、やっぱり固定概念があるからじゃないですか。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

ここまで女性の寿司職人が少ないのは、見た目を制約されてしまうからという理由もあるのだと思います。 ファッションやメイクを楽しんで元気が出る女性が多いのに。

もちろんお寿司の味は美味しくないとダメですけど、もっと自由に楽しんでほしいです。なので、そういう想いを込めて私は絶対白衣は着ません」

寿司職人であり、意思職人でもある千津井さんは、日本社会における女性の問題に関する認識を上げていかなければいけない、と 自覚している。それを、寿司を通して発信していく。

「自分の意思を形にして、それをお寿司に乗せて発信します。私は寿司職人であり、意思職人でもあると、自分で目標を持ってやっています」

ツィッターなどのSNSでは、女性寿司職人としての自分の思いを伝えることを心がけている。変化というものは、少しずつそこから生まれるのだろう。

 

 

 

 

寿司職人一日体験で感じたこと

上記内容はニュース記事から引用しました。寿司職人一日体験で、経験しましたが、あの白衣とかって、すぐ着れるようにはなれない(めんどくさい)です。サイズは自分の普段着より一つ上(私ならLL)を着用しないとだめです。

なので私が寿司握るならもっと楽な格好で握りたいです(笑)

サラリーマンでいうなら、白衣はスーツに該当するでしょうが。サラリーマンでも今はクールビズだったり、私服OKなところも増えていますので。

寿司握ると、手にすし飯がつきますが、だいたい手につかなくなるまでに10日〜1ヶ月かかるとは言われました。でも魔法の手袋(ただのビニール手袋)あれば問題ないですが。

寿司職人さんは他店で寿司食べに行って勉強している人もいますが、どうせだったら釣るところもやれば?と思います。上記の女性の方なら海外ですごい受けが良さそうな気がします。。

 

 

漁師など職人養成について

職人は見て覚えろみたいな感じですが、寿司職人学校みたいに、いろんな職人学校みたいなのができるといいとは私は思いますね。見て覚えろは効率悪いし、教える側が教えるスキルが欠如している可能性高いので。

漁師に関しても、教えられる先生が皆無です。まず最初は漁師結びとか、独特の結び方に苦戦します。まあYouTubeとかで勉強できますが(笑)

そして陸でできても船の上でできるかどうかはまた別なので、、、、従業員の方は陸でできても船の上ではできないです。なので、実地練習とかも必要な気もしますね、もし漁師養成とかするなら。

都内だとフェアとかあり現役漁師と話をする機会は作ろうと思えば作れますが、網触ったり、結び方を学んだりみたいな機会がないのが残念には思います。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です