地域活性化の事例集①ーサッカーチームを作る、経営企画の仕事とは?

Pocket

地域活性化だとどんなことがあるのか?を考えて、昨年コーヒーミーティング利用で、サッカーチーム作っている会社の経営企画の人と会ってきました。

スポンサードリンク

 

 

 

 

30分だったのであまり話せませんでしたし、内容は詳しく聞けませんでした。。20分くらい私が話していた記憶が、、

・所属の選手はアルバイトしないといけないくらいの給料しかまだ出せていないこと

・彼は某電力辞めて転職したとかで、サッカーチームを作りたい人にノウハウを50万で教えて、あとは細かいことは、、、ですが。

 

私が経営企画の仕事をしていたと話すと、
彼の会社では経営企画と言ってもほぼ営業職で、経営企画の仕事は1割とか。

 

~経営企画という仕事~

 

私は年商数千億億円くらいの経営企画で予算作成などを過去していました。

経営企画というのは、中小企業なら社長の仕事です。

経営企画の仕事も会社によって違うと思いますが、私が勤務していた会社は経理+財務+総務+社長秘書を足して4で割るような仕事内容でした。

勤務先は事業部制をとっていて、私は組織図では事業部長の直属の部下みたいになっていました。

おかげで?部長以上しか出席ができないような社長出席の経営戦略会議とかにも出ていました。

13時開始で終了が21時で休憩なしのような会議でした。。。

社長の口癖はもっと尖ったのを、ペルソナをはっきりとでした。。

スポンサードリンク

 

 

 

 

~事業部制とカンパニー制の違い~

 

たまに事業部制とカンパニー制はどう違うの?と聞かれますが、人事権があるのがカンパニー制で、人事権がないのが事業部制です。

で、予算についてですが事業部長が会長や社長に対してプレゼンします。会長に対しては夢多めに語り、社長に対しては数値多めに語っている印象がありました。

予算作成となると3月はほとんど休みなしで、予算確定しても修正が入りまくるのでいつも忙しいですが。。

 

アポイントについて

 

話を元に戻して、毎日4人の新規の人と会うのがノルマらしく、これまで数億円を集めたという話です。

「どうやって毎日新規で4人の人とアポイント取っているの?」と聞くと

「ビジネスマッチングアプリyentaなどを使ってアポイント取っています」と言われました。

何人ぐらいにアポイント入れて、何人ぐらいに会ってくれるの?と聞くと「だいたい2割」ですと。20人にアポイントいれて4人か。

それで何割が契約してくれるのとさらに突っ込むと「2割くらい」と。

となると成約率4%になりますね。

 

サッカーチームに興味ある社長紹介しようとしたら、彼は既に会っていました(笑)

その社長は飲食店など23店舗経営(FC含む)していて、10年以上前から知り合いで、ちょくちょく勉強会やらに遊びに行っています。

世の中せまいなあと、、、

スポンサードリンク

“地域活性化の事例集①ーサッカーチームを作る、経営企画の仕事とは?” への2件の返信

  1. ビジネスマッチングアプリというものがあるのを知りませんでした。現在、地元はUターンして地域活性化の活動に参加したり、駅前に自分の店のオープン準備をしたりしていますので、ぜひ利用します。

    1. ありがとうございます。私も聞くまでは知らなかったです。いろんな方に会って、何か役に立ちそうな情報があれば、また投稿したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です