算命学の表の見方や天中殺?について(その1)

Pocket

占いは裏ない?失礼しました。

占いは基本的に信じない方で、手相占いしてもらったらことごとく外れています。ところが算命学については全てではないですが、当たっているなあと驚いています。

スポンサードリンク

鳳占やかた

 

私が占ってもらったのは鳳占やかたという占い店(新宿)です。いつもは女性が欲しく行列でいて、並んでまで占ってもらうのは嫌なんですがスルーしていました。たまたま人がいない時間帯(14時くらい)に通りかかったので、試しに3000円で占ってもらいました。

確か生年月日と名前だけ書いたような気がします。生年月日で命式(自分の星)がでます。すると、プリンターから一枚の紙が出てきて、それを元に説明。

ざっさと以下のようなことを言われた記憶があります。

 

 

天中殺

 

 

 

「34、35歳は午未天中殺だから、結婚はできなかったはず。この二年は転職、結婚、引っ越しはだめ。次の午未天中殺は2026年2月4日~2028年2月3日。

スポンサードリンク

2017年2月4日〜2018年2月3日は洩天地比だからおもいがけない幸運なことが起きる。毎年6、7月は調子悪くなる。良い月は4、5、8、9、11月。

食べ歩き、海外旅行すき、好奇心旺盛、一人行動多い、プライド高い、頑固。胃腸が弱い。

子供は二人。男の子と女の子。結婚時期は38〜41歳が良い。働き者の女性と結婚。兄弟がいる。親族に体調悪い人、入院している人がいる。母親の縛りが強いから、親元から離れて暮らさないと能力が伸びない。
先祖の強いまもりがある。金には苦労しない。」と。

結婚とかはわかりませんが、私の性格などは当たっているような気がします。

真っ直ぐ進まずに、わざと遠回りするタイプとかは当たってますね。

100歳まで長生きするとか言われましたが、、、

転職うんたらと言われたので

「跡継ぎなんで、転職とかみてもらわなくて大丈夫ですよ」

と言うとビックリしていました。
後にその人は勉強不足だなあと分かるのですが。

 

 

洩天地比

 

 

洩天地比の思いがけない幸運は

「頑張りが報われる。」

「何かをするタイミングが訪れる。」

「欲しかったものが手に入る。」

のようなことらしいですが。。

 

算命学の表の見方

 

 

普通はここで、感想だけ書いて終わりますが興味出たのでネットなどを駆使して算命学の勉強(表の見方)をしてみました。

次回算命学を使った分析編へ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です